他の投資との比較


他投資との比較

太陽光と他の投資商品を比較すると下記の様になります。

定期預金 株式投資 不動産投資 太陽光発電所
利回り 0.01~0.05%程度 想定利回り
5~20%
想定利回り
7~12%
利益の
回収方法
満期後の解約 市場取引 家賃収入 電力会社へ
全量売電
特徴 金利は低いが、
固定金利で元本保証。
ハイリスクハイリターン。
市場環境によって
大きく利益・損失が左右。
元本割れの可能性。
株式と比べると低リスク。
地価下落の可能性や
空室リスクがあり、
維持・修復費が大きい。
預貯金と比べて高配当で
不動産経営に似ている。
法律での買取保証がある。
不動産に比べ大規模な
維持・修繕費がない。

太陽光発電投資は初期費用が2,500万円前後からと非常に大きく、ランニングで回収して行くという点で不動産投資とよく似ています。
不動産投資で言う家賃収入が、太陽光発電投資で言う売電収入ということです。
不動産投資と大きく異なるポイントは、空室等のリスクが無い点です。
他にも、賃料値下げや住民同士のトラブルが無い事や、住民の入退去時の修繕・清掃等も必要ありません。

金利が低い定期預金やハイリスクハイリターンの株式投資と比較しても、
太陽光発電投資は比較的ローリスクで始められる、不動産よりも堅実で手軽な投資ではないでしょうか?

 

太陽光発電投資と不動産経営の比較

 

①空室のリスクがない

kuusitu

不動産投資の場合に必ず必要となってくるのが、入居者です。
入居者が見つからず空室のままであれば、当然ながらその期間は収入を得ることができません。
しかし、太陽光発電の場合発電した電力を固定価格買取制度により
全量買取してくれるので、いつでも満室状態です。安定した収益を見込むことができます。

 

②入居者とのトラブルがない

toraburu
太陽光発電には不動産物件と違って入居者がいませんので、入居者とのあいだで起こるさまざまなトラブルに巻き込まれることもありません。

 

③大規模な修繕費の必要がない

syuzen

不動産物件は5年、10年と年を経るごとに、必ず大規模な修繕が必要になってきます。
一方、太陽光発電設備の場合は定期的なメンテナンスをきちんと行なっていれば、
それほど大きな修理が発生することはありません。
修繕費という面からみても、太陽光発電のメリットのほうが大きいといえます。
ビルの賃貸管理の場合、5年ごとに水回り、外壁のメンテナンスなど多大な投資が必要。

 

④家賃下落の心配がない

annsin

電力会社は、日本の法律(「固定買取制度」)によって太陽光発電によって発電された電気を
20年間同一価格で買い取りすることが、義務付けられています。
つまり、不動産物件でいう「家賃」が下落する心配がないということです。
そのため、太陽光発電は安定した収益が見込まれる堅実投資となっています。

 

⑤利回りが高い

losk

不動産物件の場合の利回りは、高額収益物件を除き、実質利回りは3~4%が大半です。
一方、太陽光発電の場合は表面利回り10%強、
実質利回り8%程度の利回りが想定されていますので、利回りという点からみてもメリットがあります。
※利回りはNEDOのデータ(全国837か所)を基に算出しております。物件価格・売電収入・利回りは物件により異なります。

 

⑥節税ができる

50%償却

 

不動産の(鉄筋コンクリート造)場合、償却年数は47年です。電力事業の太陽光発電設備は
17年償却ですが、「生産性向上設備投資促進税制」を利用する事で、50%償却が可能です。
青色申告をしている法人・個人様で、2017年3月末迄に購入・発電している設備が対象です。
※専門税理士による申請をお勧め致します。紹介可。一般的に、申請から償却までに2~3ヶ月程度かかります。