太陽光のメリット・デメリット


メリット

金融商品や不動産などあらゆる事業・投資にリスクがあるように、太陽光投資にも当然ながらリスクがあります。
我々は、リターンだけでなくリスクについても十分に認識の上、太陽光投資の判断をしていただきたいと考えています。

太陽光投資のメリット

法律で守られながら毎月安定した収入を得られる

国会議事堂

経済産業省の認定を受けた太陽光発電所は、
法律(「固定価格買取制度」)よって20年間安定した収入を得ることができます。
地域の電力会社は、上記により発電された電気を20年間一定価格(価格の低下無し)で全量買い取りすることが、義務付けられています。
そのため、電力事業は安定した収益が見込まれる堅実事業となっています。

また、全量買取が20年間保証されているという点や
保証しているのが日本政府と言う大きな組織という点で、他の投資とは違った堅実性・安定性があります。

<<< 比較 >>>
自宅の屋根など、発電容量が10kW以下となる場合、「全量買取」ではなく「余剰買取」となります。
余剰買取は自家消費して余った電気だけを売電するだけではなく、買取期間も10年と短くなります。

 

節税ができる・自己資産を増やすことができる

自己資産を増やす

電力事業の太陽光発電設備は17年償却ですが、税制の利用で50%償却が可能です。

節税について、詳しくはこちらのページをご覧ください。↓↓

節税

また、自己資産を増やす(資産運用)方法には、定期預金、投資信託、国債、不動産等の様々な方法があります。
一般的に、銀行金利が0.01%程度、投資信託の利回りが1~6%程度、国債が1%程度、不動産投資が5~20%程度という利回り状況の中、
太陽光発電投資では、一般的な利回りは7~12%程度とされています。

投資には様々なリスクがありますが、 太陽光発電は制度による全量買取保証があり、さらにメーカーによる発電保証まで付いてくるものもあります。
毎年の利益の変動幅が非常に小さくリスクが少ない投資だと言えます。
そういった面で、太陽光発電の7~12%という利回りは非常に有利と言えます。

他投資との比較

 

在庫がないので場所をとらず、手間もかからない

在庫が無い

太陽光発電は、物品の売買等のように在庫が発生するものではありません。
また、メンテナンス会社にメンテナンスを任せることで、
自分で現地に行ってパネルを拭いたり、電気系統の調子を見るといった手間もかかりません。

心配であれば、日々の発電量をパソコンやスマートフォン等で遠隔監視のできる
モニタリングシステム付帯の設備もあります。

 

将来性がある堅実なストックビジネス

将来性がある

最初に、20年間安定した収入を得られるというお話をしましたが、20年後にも利益を生み出す可能性があります。
2016年4月より「電力の自由化」が始まろうとしています。
スーパーで安いお肉を選ぶように、一般家庭でも安い電気を選べる時代が来るというイメージです。
この制度により、20年間の買取が終了した後も、自らの太陽光発電設備を利用して電力を生み出し販売していくといったことが可能になるのではないかと言われています。

 

社会的貢献度が高い

社会貢献

太陽光発電は、社会貢献・資源枯渇やCO2削減問題等の地球環境改善に貢献することが可能です。
現在、CO2削減や再生可能エネルギーの普及は急務ですが、個人で参加・貢献するのは難しいものがあります。

太陽光発電をする事で、再生可能エネルギーの普及が図られ、資源や他国に依存しない安全な自国のエネルギーを生み出していく事ができます。

【法人様はcheck!】
CO²の削減や電力不足への貢献が見込める太陽光発電の導入を進めることは、環境問題や社会的課題への前向きな取り組みとして、企業の社会的責任(CSR)を果たしているというPRにつながります。

 

 

 

デメリット・リスク

太陽、自然環境が相手

太陽光発電は自然エネルギーです。太陽が出ている昼間しか発電せず、曇りや雨・雪で発電量が落ちたり、発電できない時もあります。
売電単価は固定でも、太陽光発電量は固定ではないため、天候によって収入も不安定になることが想定されます。
そのため、NEDOによる20年間の日射量データベースから現実的な発電量を予測し、発電量の良い土地で認定を取得しております。

 

パネルの経年劣化

太陽光発電パネルは、設置してから時間が経つにつれ発電量が落ちます。
この経年劣化は、屋外に設置するからには避けられないもので、どの会社の太陽光パネルでも表れる現象です。年に0.3~1%の劣化ですが、設置場所の環境によって違いが生じます。
このリスクに備えるためには、経年劣化を隠さず試算に入れた優良な販売業者を選ぶことが重要です。

弊社は、経年劣化も試算に加え、現実的な発電量を予測して、物件をご紹介致します。

 

設備の故障

太陽光パネルは構造的に故障が少ないと認識されています。
しかしながら、太陽光発電は国内外における事例が限られており、また歴史も浅いことから
十分な知見とノウハウの蓄積が行われてきていないという指摘もあります。また、設置エリアによっては塩害の問題が生じる可能性もあります。

弊社の物件は、塩害リスクのない物件(海に面さない物件、海に面していても塩害被害を受けにくいパネルやパワコンを使用した物件)をご紹介致します。
※一般的に、パワコンは10年前後で買い替えが必要となります。(オーナー様負担)

 

自然災害・盗難被害

大地震や竜巻、津波、火災など災害によって太陽光発電が壊れてしまう可能性があります。
メーカー保証の範囲の確認と、必要に応じて別途損害保険の加入も検討が必要です。

また、盗難のリスクもないとは言えません。管理方法、保険など、利回りや物件の立地条件等に合わせて検討が必要です。

 

メンテナンス会社の倒産

売電益は、直接オーナー様の口座に入金されるので、メンテナンス会社が倒産しても売電益の入金の不備につながるリスクはありません。
ただし、設備のメンテナンスには不備が生じますので、他のメンテナンス会社をオーナー様に探していただくか、ご紹介致します。