太陽光発電とは?電気を作ってどうするの?


太陽光発電とは

「太陽光発電」とは、太陽電池で、太陽の光エネルギーを受け、電気エネルギーに変える発電システムのことです。

太陽電池

太陽から地球に降り注ぐ光のエネルギーは、石油や石炭・ガスなどの資源のように無くなる心配がなく、
原子力発電のように危険もありません。
また、太陽電池が発電する際の二酸化炭素(CO2)排出量はゼロです。
太陽電池の利用は、地球環境の保全という社会貢献にもなります。

 

太陽光発電所で電気を発電する

太陽光発電所で電気を発電するには、ソーラーパネル(太陽電池)・架台・パワコンが必要です。
また、これらを設置する土地や、発電所の敷地の境界線を示す柵が必要です。

3set

敷地面積は、設置環境や発電規模により異なりますが、
標準クラスの太陽光発電設備(50kW)では200坪程必要になります。

発電所を購入する際は、
設備を設置する土地がパッケージでついてくる(賃貸か売買)所が多いので、
購入価格に土地代が含まれているかの確認をお勧めします。

発電所で発電した電気は、20年間固定価格で電力会社に売る(売電する)ことができます。
投資利回りは7~10%で、国策に支えられた非常に堅実な投資です。

seido