教育資金としての太陽光


教育資金

太陽光発電所からの毎月の収益を、老後の蓄えやお子様・お孫様の教育資金にされる方もいらっしゃいます。

一般的に、子どもの教育にかかる費用は、
国公立でトータル750万円/19年、私立でトータル2,000万円/19年とされています。

 

公立・私立の教育費用目安

太陽光の一般的なサイズ50kWの低圧発電所では、1区画当たり、20年間で約5,000万円の収入が目安です。
例えば、太陽光の設備費用が2500万円(土地代込)で
メンテナンス・保険費用が20万円/年(400万円/20年)とした場合、20年で2,100万円の利益となります。(※下記計算に基づく)
所得税等引かれても、たった1基で、十分教育費用として充てることができます。

 

例)1kWあたり36円(+税)の茨城県50kWの賃借物件

20年間の売電収入=50,876,880円(約21万円/月)

分譲価格 24,840,000円(税込)
年間発電量 65,563kWh
売電価格 38.8円/1kWh(税込)
年間売電収入 2,543,844円(約21万円/月)
投資回収
(メンテナンス・保険・土地賃借費含む)
11.3年
投資利回り
(メンテナンス・保険・土地賃借費含む)
8.8%  8%前後の高利回り

※メンテナンス・保険・土地賃借費は20年分先払いとなります。(当物件の場合、345,600円/年×20年=6,912,000円)
※物件費用とは別に、売電収入に対する所得税と設備に対する償却資産税等別途発生致します。
※利回りはNEDOのデータ(全国837か所)を基に算出しております。
物件価格・売電収入・利回りは物件により異なります。利益を保証するものではありません。

 

毎月の収入となる売電益も「固定価格買取制度」によって20年間支えられているため、
不動産や株式のような暴落の危険もありません。

制度

 

もちろん、教育費以外にも、海外旅行やクルマの買い換えの将来的な積み立て用等、その使い道に夢が広がります。

 

family